埼玉県久喜市本町4-9-12 営業時間AM9:00~PM5:00

[更新日] 2018年11月04日

サイトマップ

ビニールノレン・文化シヤッター「エア・セーブ」機能一覧

文化シヤッター文化シヤッターテクノ株式会社
HOME  > 取扱製品  > エア・セーブ  > エア・セーブ(ノレンタイプ)  > 機能一覧

エア・セーブ

エア・セーブ(ノレンタイプ)エア・セーブ一覧

エアセーブ・ビニールカーテン保温効果テストデータ表になります。

  実験場所 自動車メーカー様工場北面出入り口で行いました。
  開口面積 開口幅W5m×開口高H4m =20㎡  の大きさです。
  使用シート 厚さ3mm×幅300mmの静電透明フラットシートを使用しました。
  ラップ(重ね) 2/3(部分ラップ)300mm幅のシートに対して左右シートが100mm重なっている仕様です。
  測定時期 12月です。
  室内温度
測定位置
エアセーブ・ビニールカーテンを設置した位置から室内側へ15m入った場所での測定です。
  測定条件 設置した場所の1日の通行頻度が200回~250回ほどある場所。
これくらいの通行頻度があると、シャッターや扉は作業時間中常時開放している状態となってしまうため、エアセーブ・ビニールカーテンを設置しました。

 ■時間帯にもよりますが、平均して10℃以上の温度差が計測されています。


冷蔵庫扉開放時の庫内温度上昇など、保冷効果についてのテストデータ表になります。

  冷蔵庫型式 AL-1.0-1D
(1,800mm×1,800mm×2,600mmH)
  扉寸法 開口幅W710mm×開口高H1,750mmの大きさです。
  冷凍機 開放型 750Wになります。
  クーラー風量 17㎡/min
  扉開放時 冷凍機はOFF クーラー用ファンはON
  使用シート 厚さ3mm×幅300mm 耐寒シート
  ラップ(重ね) 2/3(部分ラップ)300mm幅のシートに対して左右シートが100mm重なっている仕様です。

 ■平均して約10℃の温度差効果を得られます。

 

 

設置状況図になります。



 

上記設置状況にて連続扉開放による冷凍運転率の変化をまとめました。

  • テスト方法:扉を開放している時間を5分間、扉閉鎖15分間を1サイクルとし、これを繰り返しました。
  • サーモスタット設定温度:0℃です。 
  運転率(%)

電力(kwh)

A・エアセーブなし

81.8 0.61
B・エアセーブ使用 42.9 0.32
扉閉鎖 22.4 0.17

 ※冷凍機消費電力は0.75kwになります。

 


外部との開口部に設置した際の防風効果テストデータになります。

シートごとのオーバーラップ構造(重なり)とシート自体の自重効果により、高い気密性を 実現しております。
その為通常の悪天候により風速程度では、シートのめくれによる影響をさほど受けませんので、安心して屋内の作業を進行することが可能です。


 

  使用シート 厚さ3mm× 幅300mm 静電透明リブ付シート
  ラップ(重ね) 2/3(部分ラップ)300mm幅のシートに対して左右シートが100mm重なっている仕様です。
  環境温度 常温にて設置しました。
  設置高さ 床から3mの高さにエアセーブ固定式フレームを設置しました。

 

 

風速ごとのシートのめくれデータ表になります。

 風速(m/sec)

 シートのめくれ(cm)

 3  6.1
4 12.3
6 25.3
8 40.9
10 58.4

設置高さ3mに対して、約1.5mの高さまでめくれの影響が出ます。
 

エア・セーブカタログはこちらからダウンロードしてください。

 


製品特徴 | 製品仕様 | 機能一覧 | 設置例 |